運用中のブログにカスタムフィールドを追加した時 Part 1

記事にチェックボックスのカスタムフィールドを追加して、チェックのある記事とない記事をそれぞれ別の一覧にして書き出したい

ウェブサイトを運営しているとこんな要望が出てくることもあると思います。

チェックボックスのカスタムフィールドを記事に追加し、テンプレートを編集して一覧が書き出されるようにし、最後にチェックありにする記事にチェックを入れて保存すれば一覧が表示されます...が。

運用中のブログにカスタムフィールドを追加した時

記事の一覧を表示するテンプレート例

チェックありの記事 <ul> <mt:Entries field:entry_checkbox="1"> <li><$mt:EntryTitle$></li> </mt:Entries> </ul>

チェックなしの記事
<ul>
<mt:Entries field:entry_checkbox="0">
<li><$mt:EntryTitle$></li>
</mt:Entries>
</ul>

これで完了...と思いきや、これではチェックなしの記事の一覧は表示されません。

カスタムフィールドの作成より先に作成してある記事については、チェックありの場合は記事の編集画面を開いてチェックを入れて更新をしますが、チェックなしの記事については何もしないので、チェックなし="0"ということが認識できません。

チェックなしの記事も編集画面を開いて「更新」をクリックすれば「チェックなし="0"」として認識させることはできますが、記事が100件あるなどの場合、1件ずつ開いて「更新」をするというのは現実ではありません。

そこで <mt:Entries field:entry_checkbox="0"> の「チェックがなかったら=変数の値が"0"だったら」という条件を、「変数の値が"1"じゃなかったら」という条件にしてテンプレートを作成します。

チェックなしの記事
<ul>
<mt:Entries>
<mt:CustomFieldValue identifier="entry_checkbox" setvar="entry_checkbox">
 <mt:Unless name="entry_checkbox" eq="1">
  <li>
   <$mt:EntryTitle$>
  </li>
 </mt:Unless>
</mt:Entries>
</ul>

これでチェックの「ない」記事の一覧を表示できます。

カテゴリ

  • MTイベント告知ブログ関連
  • MT関連情報
    • アップグレード
    • アップデート
    • テンプレート (2)
    • テーマ
    • ニュース
    • プラグイン
    • 告知
    • 導入事例
  • イベント
    • MT Live [旧MTもくもく会]
    • MTCafe
    • MTDDC Meetup
    • セミナー
    • ハッカソン
    • 勉強会
    • 相談会
  • ノンジャンル
  • 書籍

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.5

この記事について

このページは、Webmasterが2023年12月11日 16:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ブログAの記事にブログBの記事に登録されているカスタムフィールドの内容を表示する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。